ロレックスを全面的に引き上げ産時計の精密度

ロレックスロレックスは昨年のバーゼル表展で搭載3255発表新しい自制ムーブメントの新型Day-Dateよんじゅうmm腕時計の同時に、発表で運用してこの新しい時計や3255ムーブメントの中で、精密度を超えC.O.S.C .の最新の内部認証の基準には、毎日の誤差は-に/ +に秒。そして先日、ロレックスそっとこの認証の基準を採用しSuperlative Chronometer Certificationまで延びているすべての表の中で、このロレックスと未来のすべてのカキ式型や彻里ブリタニア腕時計は出荷前に毎日誤差を通じだけ-に/ +に秒の厳しいテスト基準内。
ロレックス精密度に持って妥協のない堅持して、1970年代以降毎年取得してC.O.S.C .スイス公式天文台認証の表の数が年々居冠。そしてすべてを通じてC.O.S.C .位でBielとSaint-Imier 2か所の実験室の認証のムーブメント、返してロレックス工場装殻後も、表の形でまた一度基準の厳格化の工場として内部検出ルーチンC.O.S.C .認証の補充、つまり面盤に「Superlative Chronometer Officially Certified」と書かれの意味。http://www.watchrecommendation.top/sitemap.xml
厳密な内部検出プログラムはすでにあるが、従来の控えめなロレックスが正式に公表されていないという内部検査プログラムの詳細は正式発表されていない。外国メディアの報道によると、ロレックスは工場の中で設置するひとまとまりの最先端の機器設備及び認証プログラムによってこれらについて、組み立て完成の表、検査が含まれてシミュレーションの実をロレックス検査項目は、この項の検査の目的が腕時計シミュレーション現実生活環境に装着された実態。また、このセットの全自動検出ルーチンも検出できる腕時計の防水能力、自動で錬機能および動力を蓄え、確認のすべての腕時計の信頼性、耐久度や、耐える衝撃の能力と磁力。今日誤差-に/ +に秒以内の超高精密度となるこのセット内検査プログラムの最新の基準を超える日だけでなく、誤差-よんしよ/ +ろく秒のC.O.S.C .認証、同時に日を超えて誤差-さん/ +ご秒のGSは、くわえてくくるすべてOysterカキ式型やCellini彻里ブリタニア腕時計、もう一度磨き上げた面盤の上の「Superlative」マーク。