帕玛ジョニーTonda 1950Clarity全ドリル腕時計、視覚の衝撃顔値

ダイヤモンドが多すぎて、どのようにまだ見分けができますか?1つの面からの光はすべて異なって、1つの文字の文字盤と進化するために進化する。620のダイヤモンドは、綿密な計算によってこれ「視覚トラップ」。大空の下、光が放つ。

 
帕玛ジョニーTonda 1950Clarity腕時計の文字盤は5種類の大きさの丸いダイアモンドはめいっぱい飾って、一粒ごとにダイヤモンドの大きさや位置が精密な計算:最小のダイヤモンドに、大きめの後に続いて、少し小さいのは時間尺度分布をめぐって――レイアウトを一回まだ一回のスケッチデザインと計算の進化を。

 
項の非凡の作として、Tonda 1950Clarity全ドリル一見シンプルな構造の下で時計を隠しきめ細かな設計理念。1粒の慎重に考慮のダイヤモンドは、すべてこの壮大壮観な光景に不可欠な役割を発揮していることから、迷いの生成目「ビジュアル罠」(trompel」il)、全体の文字盤はドーム状のように。光の文字盤、ダイヤモンドの自然には、眩いの独特な光を開放する。

 
Tonda 1950 Clarity全ドリル腕時計のこのモザイク構造の理念の精緻な復雑で元気に、再びを裏付けた帕玛ジョニー・創造力。装飾文字盤のダイヤモンドの総数は620個(総重量2.495カラット)、ベゼルにはめたダイヤモンド総数も84個(総重量0.6460カラット)。

 

 

http://www.watchrecommendation.top/