ロレックス新年推薦——エクスプローラ型

カキ式恒动探検家型(Oyster Perpetualページに細工)全夜光時計で、表示を確保するため、一目瞭然。この型番特有のさん、ろくや数字はきゅう、く塗布夜光物質、メイドと同じマークや針配布持久靑い光。どんな環境の状況を、その独特のChromalight夜光表示は確保できる時はっきり読む。針はさらに幅延長し、著しく時にはもっと明晰にする。新型の探検家型獲得ロレックス2015年に祭るのトップ天文台の認証を取得し、腕時計、腕に装着するトップ性能を発揮することができる。

 
エクスプローラ型腕時計がロレックスと探検世界の縁のないことを象徴している。上世紀30年代、この開拓者精神の駆り立てのもとで、かつて何度もロレックスヒマラヤ探検活動を提供する時計装備を探検する過程の中に横から観察、後腕時計の発展に直接的な影響が発生しました、より正確に努め、堅固なと信頼できる腕時計。1953年ご月29日、エドモンド・ヒラリー卿が(Sir Edmund Hillary)と丹增·諾吉(Tenzing Norgay)を抜いて、上海はち初登場848メートルのエベレスト。人類は今回探検の輝かしい成果を固め、もカキ式腕時計と緊密に繋がっ探検活動。この快挙を祝うため、カキ式恒动探検家型腕時計は1953年に正式に出版され、たちどころに的時計。