時空を越えて時間の旅

生活は華麗な冒険だ。バセロンコンスタンチン2004年発売の2項の探検家シリーズの時計に続いて「出撃」、世界2位著名な旅人意向マークマルコ・ほうき星羅とクリストフ・コロンバスに敬意を表する。バセロン・コンスタンチンMetierd ‘アート探検家シリーズの腕時計、配備1126AT自動巻き機械ムーブメントはバセロンコンスタンチン時計エンジニア自主研究開発した特許ムーブメント時間デジタル目盛を時計回り方向で120度の扇形分目盛束移動。ケースは18金で作られ、44ミリを持つ大径備え30メートル(約百尺)防水機能。文字盤は上下二階から構成して、しかも部分が重なって、「高温の火」のカラーエナメルが探検家コロンブスの航路。腕時計を添えてブラウンワニベルトや18金ボタン式表。
この時を越えて「海」の「時間の旅」と強く訴えている、見知らぬ旅に婚姻長いで困難な険しい船路。
バセロンコンスタンチン2004年初リリースした2種類の探検家シリーズ記念時計、それぞれ足跡はインド洋の中国明代の探検家鄭和や、新しい発見海峡とその名を冠したマゼランを腕時計のテーマ。

 

 

http://www.watchrecommendation.top/