時計の固有名詞辞書:プラチナプラチナ

貴金属の1つで、密度と耐性が極めて高く、かつ容易に酸化銀白色貴金属、南アフリカ産最多。でも、自然界のストックや生産量は黄金が少なく、加えて高融点(1773°C)、密度と硬さも比較的にその他の貴金属精製大きいので、もっと困難が多い、消費エネルギー、300キロの鉱石生産できるだけいちグラム。プラチナの硬さが黄金はずいぶん高いが、純プラチナは相対的に柔らかく、その他の金属才能が必要として応用、純度の千分位数とPt950プラチナの95%を加えて5%のその他の金属の形成した合金。通常の応用の上を純度950以上のプラチナを使って、プラチナ製造ケースに難易度が高く、金型の消耗量が高いほかほか、制作期間も他より多いさんよんしよ倍までk。装着過程では、通常は金属の変位、重量に影響を与えることはありません。