オニアジ騎士URWERK UR-105M

UR-105M集URWERKの看板時計技術と設計スタイルを一身を含む:0からろくじゅう分に沿ってゆっくりと滑走する衛星時間目盛軌跡振り返る、じゅうに時位置に黒い特大表冠、そして強烈なハイテク気質。

 
UR-105Mチタンケースをはめ込むように無敵鉄甲の鋼ベゼル、文字盤の上のポリエーテルエーテルケトン(PolyEtherEthercetone)カバーで覆われ、ジュネーヴキャノピー4つ十字輪推進する鍛造アルミニウム合金衛星時間に沿って振り返ると、振り返っろくじゅう分目盛推進、カバーを現在の時間からキャノピー位置数字。振り返って歩き終わってろくじゅう分後数字が回転し、引き続き滑走さん時間後にやっと再び顔を出す;一緒にはめ込まれて表環の秒やパワーリザーブ表示を構成して、立体的な時分秒表示モード。

 
表の背中はURWERK最も代表性のコントロールパネルの設計、中に「塗るオイルインジケータ」(Oil Change)できない表主メンテナンス年期、別枠42時間パワーリザーブ表示や調節時の精度を微調整ネジ。

 
創業者の一つURWERK兼アートディレクターマーティンFrei解釈道:「UR-105Mのケースデザインよう一面甲冑、鋼ベゼルに会ったねじ頭添加の美学の特徴だけでなく、同時にベゼル釘付けチタンケースに、ケース内のムーブメントを提供する一重保護、表圏の設計を連想させる騎士のせい上の堅固な鎧。」