白黒時計のモダンな法則

惜しまないファッション界に白黒二色のが好きで、GiorgioからArmani白黒に最後まで堅持、のChanel経典の白黒椿、また流行した半世紀以上のGivenchy経典ヘプバーン式黒いドレス……ファッション圏とは白黒のには数えきれない。どんなに君がいる何年代、あるいは交換も何形態に製造のファッション、黒と白の永遠に永遠の位置を占有して、そして各大ファッションウィークで頻繁に出最新シーズンのT台。兄弟二十日孫二十日で有名なファッション産業に限って白黒は永遠の高い石碑を選ぶとからだけではなく、黒と白の可塑性は強くて、単独で別の色とデザインややすいと要素と合わせて、というよりは、白黒を象徴するファッション最も本領の面。

 
スターセレブに限らず、ファッション女性としても、白黒は自分の好みにもある。この好みにとらわれないかもしれない服装として、腕時計も同じ――間のを持って白黒にコンプレックスを白黒や純粋な、あるいは衝突それともとバラの金、宝石を組み合わせを時計デザイナーたちに豊富なインスピレーション、形態のスタイルではなく、各種類のデザインにも満足するに足る違う個性を持つ都市女性のニーズ。腕の間に生まれ「花」としてはカウントダウンツールアクセサリー、一人一人の生活に追求のある女の人、すべて1枚の極緻を持つべき代表と純粋な美の腕時計、それはどんな時にもあなたになる盲に杖の友達。