セイコーの時計の品質の善し悪しはどのように鑑定しますか?

いち、感度:セイコーウオッチの感度はセイコーウオッチの摆轮の柔軟性。以下の方面から見ても見てもいい。

 
に、ケースは滑らかなミラー、目立ったキズトラコーマや、同時に要求左右上下対称角。

 
さん、針:間隔でセイコーウオッチ内部の構造の中でとても重要な、針と表鏡、文字盤の間や3針の間には一定の間隔で、さもなくば混乱の構造の構造に衝突させる。針で検査することによって検査を行うことができた。

 
4、撥機構:柔軟に、信頼性と針の回転は均一にして撥針機構に存在します。検査時は、ゆるみ度、中心軸と中心軸との間に、検査が必要です。針で動かした時、セイコーウオッチが偏松や偏紧感じ、説明分輪摩擦力撥針部品の故障。逆に、針機は正常だということだ。

 
ご、外観部品:セイコーウオッチ外観部品がたくさんの方に検査を行うように、外側、分秒針、表鏡、文字盤など。