時計はリスクヘッジますか。

よくこのような質問を受け取って、いったいどんな時計を買うべきなことを聞きますか?それに、必ずそれを切り上げて。このような問題に遭遇して、私はいつも頭が悪くて、答えは出ません。誰があなたに時計を買って、あなたは金を稼ぐことを教えます?」多くの人は「専門店の販売」から数年ぶり、腕時計も高い価格調整、甚だしきに至っては毎年アンケート。

 
実は、普通の消費者が買って時計を買ってきてから切り下げのも切り下げ!専売店の公价は代表腕時計自身価値、このブランド公价は一方的に査定のではなく、市場の決定。本当の反応の腕の価値の、中古と競売の市場は。この地方には宣伝もするが、水分が少ないとさ。使用した表を半額で販売がよく見て、甚だしきに至ってはひとつの新しい時計の低さんは折れて、公价ひゃく万の表も取れる前の「いち」、半端になる。だから、多くの人は自分の腕時計販売たい時、質屋業報の中古買付価格に泣き。

 
これは確かに人は腕時計の切り上げにお金を儲けて、しかしこのような人は本当に珍しいです。彼らは目には目、財力、迫力、運、普通の消費者にはそれがありません。もう少し冷静に考えると、もし一人目がある、財力、迫力と運で金を儲けて、どうして時計円高?他にも金儲けにもならない業界。