パテックフィリップが展示されていたカリスマ作「ロイヤルブルー――ドーム置時計」

この時計は1980年制作、主力フランスバロック、応用黄金はめダイヤモンド、ラピスなど珍しい玉は、半透明ロイヤルブルーエナメル技術を、外形は生き生きとして、重いと勢い。

 
時計ドーム精巧で美しい模様を飾って、半透明なエナメルに加え、優雅なラピスラズリのことで、高貴なあくどいロイヤルブルー、巧みに金色の光の玉と最低な黄金の彫刻して飾る互いに照り映えて、輝く

 
ドームの上で木の黄金のイルカ獣、吉祥の意味、如意、フィッティング派手なレイレリーフや優雅な古ギリシャコリントス葉キャピタルは、勢いで十分のライオン爪にしながら、皇者立派現在

 
この博物館のレベルの非凡な作品は26万から38万ドルに評価されている。