「絵画芸術」マイクロ絵文字盤

マイクロ絵エナメルの制作難易度は最大のいないため制作の図案の輪郭、彩色上絵の師成竹を胸に得でなければならないよんじゅう倍の顕微鏡の助けのもとで、一枚の絵はメジャーで焼いた直径3センチぐらいの白い盤面に描き出し。柄が豊富な内にエナメル文字の文字盤

 
金属胎純銀文字盤によって押し出し、彫刻や金属玑粘技法で豊かな文様を透明エナメル料800から900℃の温度の中で焼結にじゅうさんじゅうまでを研磨し。

 
45工程の掐丝エナメル文字盤
違ううわぐすりでそれぞれ違う温度を燃やし、そのエナメル盤は繰り返して燃やし25度くらいさんじゅうを経て、何度も磨き。