ブレゲマイクロ絵エナメル稀代のプロセス

エナメル彩絵は、製表技術の中で難易度の高い挑戦の一つで、精華工芸と芸術美学の最高の成果を表しています。エナメル絵の具は鉱石の粉末によって構成されており、各種類の上色プログラムは、摂氏800度以上の高温で焼結しなければならない。そして、それぞれの絵の具は色調がつかないので、別の成分の鉱石を一つ一つ使って研磨しなければならない。エナメルの彩色上絵の中で、難度最高の技法は、マイクロ壁画(Enamel Miniature)、つまり心の間はエナメル彩作画、面盤のスペースが限られる唯妙唯肖に描きたいモチーフ、細い髪の絵筆のようでなければならない、顕微鏡で1筆の一画を丹念に描いて、必要がないだけでなく芸抜群のエナメルの彩色上絵の師は、非常に長い時間かかってできて1件の作品は、その芸術的価値は自然と言うまでもなく。

 
ブレゲのエナメル面盤腕時計は非常に少なく、過去は主に大明火白いエナメル面盤、近年は発売はごくわずかのマイクロ彩色上絵のエナメル面盤腕時計。例えば2016年に発表した2種類のブレゲClassique 9078彩色上絵のエナメル腕時計:「ベルサイユのばら面盤」と「星夜駿駒面盤」は、前者はフランス取材後マリ.アントワネット(マリーがAntoinette)の肖像画、後者は星夜の白い馬がヒント。