素晴らしい自己表現、PAM719 VSオフィチーネ・パネライ時計

イタリア海軍のサプライヤーとして、数年来オフィチーネ・パネライ製造していた数え切れないの精密機器や軍用時計供して、別の1面から見ても、だからこそ海軍の需要、オフィチーネ・パネライの輝かしい歴史を成就した。設計してそれらの品質を作成し、十分に落ち着いて極端環境の試練の優秀な時計、ブランドの存在の意味は、この忍耐の品質は、有名なオフィチーネ・パネライと探検家マイケル・ホーン緊密につながっている。前から協力のArktos探検計画(2002-2004)今、彼らは再開出――Pole2Pole遠徴計画、この南アフリカからの有名な探検家は、腕の間に装着してPAM00719型番のオフィチーネ・パネライLuminor 1950シリーズ新スペシャルモデルGMT専門潜水腕時計、2年間で、地球の2つの横断極点、自分のすばらしい探検生涯、絵には完璧な句号。

 
新しいPAM00719スペシャルモデル腕時計、その採用チタン合金素材で作ったケース経曳糸プロセスは、大きさを帯び47 mm、回転ベゼルとオフィチーネ・パネライマークの表冠護橋、防水深さ300メートルに達する。VS内部の自宅を搭載したP.9001自動的にムーブメントは、日付と時間に分秒も機能し、文字板はヒットの真夜中の靑い、コントラストの黄色の印に計画の名前PoleにPle、表背が刻まれて代表シロクマやペンギン、すべての意味意涵も単純な、直接、最も重要なのはやはり表自体も素敵。