GRAND SEIKO精密時報の求めに

昨年さん月スイスバーゼル表展ひとつ大切なメッセージは、日本精工発表からグランSeikoセイコー傘下の旗艦シリーズの升格になる独立ブランド、グランSeikoのマークに进占フェイスは一番目立つのじゅうに:00に位置し、ブランドの代表を正し、希望グランSeikoが2010年日本国内へ続いてから国際市場の後に登るのは別の新しいピークは、ブランドのは1968年スイス天文台で競争で冠に世界最高級腕時計の目標の重要な一歩を踏み出す。

 
セイコーに匹敵するグローバル証明自宅タブ技術さえも越えスイスブランドだけでなく、1960年にじゅうに月はブランド最高技術が制作した初のグランSeiko、もっと積極的に関与してスイス天文台のコンテストで、良い成績をブランドを通している。1964年に機械のコアで参戦して、最高の144名しかない。

 
いわゆる七転び八起き、今回が令セイコーより一念発起、見せてブランドの強力な開発能力、その後の2年の代表の成績が増加し、1967年には36、000vph震週波数のCal . 052ムーブメントを第よんしよ名、セイコー二間の時計工場Seiko InstrumentsとSeiko Epsonました。Corporationより位リスト工場のランキング第にと第さん名。セイコーの成功を驚かせましたスイスタブ界全体かもしれないが、別の裏話との関係、纳沙泰尔天文台の翌年から廃校になった。