感極致な工芸の2地の時の陀飛輪の陶磁器の時計

陀のはずみ車の調速装置は高級時計分野一つの偉大な専門技術、ブランドLuminor 1950 TourbillonGMTCeramica(両時間陀フライホイールセラミック腕時計)で純html属の手法と革新の方式はこの技術を改めて演繹して、今回配信の暮らすとき間陀フライホイールセラミック腕時計は一枚の個性豊かな成品を搭載したが、それだけではオフィチーネ・パネライ特許、復雑で静謐な陀フライホイールクライス飾り(バランス列に沿って自身さんじゅう秒ごとに輪軸の回転する1回り、それによって修正引力を引き起こす可能性の誤差)しかもも持って第二のタイムゾーンの表示および動力貯蔵可視化によると、3つのつながりのバネ箱により発生六日の動力貯蔵。公式の型番:PAM00396

 
全体から見ればこの巨体は48 mmのセラミックケース、外観のデザインなどに起さ1930年代創製の経典のサンドイッチサンドイッチ構造、その十二変形キャップの十二条エッジはチタン製(おおわれPVDコーティング)と、文字盤の施設の計画も一種の経典の記号の続き腕時計を組み合わせ、未特殊処理の天然革バンド、そして組み合わせアジャスタブナレ式PVDコーティング精鋼テーブル掛け。