歴史名は新しい演繹

海洋Oceanシリーズ双グラード機能36ミリメートル自動時計
ご存知のように、海瑞ウィンストンさん自身がすばらしい宝石学者は、世界の約3分の1の歴史名ドリルや珍しいダイヤモンドがかつて彼のすべてで、最も人にのぼるは重さ45.52カラットの「希望のドリル」、色は濃いブルーのレベルを持って、また少し灰色――と深海の色合いが重なる。

 
今回新たにダブルレトログラード機能36ミリ自動時計の中のブルーパールバイモ項、色彩の霊感の出所はこの心の希望のドリル。6時位置のドリルの形をした日付表示ボックスは2013年に購入したブランド「ウィンストン伝説のドリル」、これは1粒の重さ101.73カラットのダイヤモンド雫型切工純分D透明度、暇がなくて、クリスティーズ競売場の認定は、それを「これまでに、競売のダイヤモンドの中で最も完璧なダイヤモンド」。

 
左右グラード盤に彫刻の蓮の図案は、1940年代に海瑞ウィンストンさんが発明したCluster錦の群れモザイクを、このような方式の最大の特徴はダイヤモンドて主導整件のジュエリーのデザイン、それによって令1粒のダイヤも最大限に咲く光。