北京双軸立体陀の飛輪腕時計太極拳

双軸立体陀の飛輪はいったいどこにありますか。普通のツボ腕時計の中には1本の軸だけで、1分に1週間、腕時計が地球を受ける地心の引力に抵抗する。この項の二軸立体陀はずみ車が多く出て1本の輔軸、7 . 5分ごとに回り、はずみ車を二本同時に陀相互垂直軸回転、抵抗引力の役割が大幅に強化が、難易度も幾何倍の成長から、この項の腕時計の開発に成功したのは、北京表の輝かしい業績。

 
次に私たちはその腕時計の顔を見ると、その腕時計は威風に恵まれていて、表盤の構造もやや膨らんでいるように見える。きゅう、く時位置に同モデル腕自慢の二軸立体陀はずみ車装置も、文字盤の3つの独立した文字板デザイン黒アコヤガイ。同モデル腕時計が出したパラメータ腕時計の厚さは17 . 2ミリを通じて、私の実物の観察はたいして違わないで、どうしても厚い。同項の腕時計で印象に殘ったのは腕時計の弧表鏡鏡の厚さ、論表と私とロレックスのDeepseaさん喰わので、撮影のときに反射面盤は難題。