コミットシャンゼンシリーズ光影シリーズのスペシャル版&バラ金特別版

このシャンゼンシリーズの光影シリーズの腕時計の特別版&バラ金特別版はフランスのエッフェル塔から来て、単体の表殻(monocoue)はそれをさらに流線の典雅で、立体的なスタイルの時に黒の塗り麺の処理によってもこのフランスの巨塔の影がある。視覚神経に触れる漸変表盤は、1979年以降の改版となっており、表盤中央からの淡い色が周辺に濃い色を見せ、グレーの銀や黒銀の双色のスモークを使用して、このシリーズの腕時計が私に最大の印象を与えている。

 
腕時計は自動的に機械のコアを搭載し、38時間の動力貯蔵を持ち、背中にはオリジナルの歴史マークが刻まれ、70年代に敬意を表します。もう一つのポイントは、ミラノ製のバンドを一体として形成し、ステンレスのPVDバラ金で作ったもので、銀グレーの面とのコントラストが強い。ミラノ製のバンドは、腕に伏せるほか、スライド式の安全ベルトを合わせ、身につけて便利で安心です。もう1つは、ステンレスの表殻をPVDバラ金で処理し、ミラノとの帯を一体化させたのも、シリーズ初の試みでもある。