Baron Ble de Cartier浮動式ドナメル

2008年には、フロンダのココアを搭載したBaron Bartier腕時計は、直径46ミリの直径表を持つ。全く新しい39ミリのサイズで、Baron Bartier浮動的なバックボーン時計は、変わった優雅な魅力を見せている。

 
ラインの柔らかさやバランスのバランスを求めて快適に身を着せる現代ダダ腕時計を求める人にとっては、その大きさが程よい。

 
Baron BruのCartier 39ミリの浮動式ドッカの腕時計は、見事なブルーエナメルの表盤を合わせて、20世紀初めの鐘のエナメルの伝統を踏襲した。この工芸はまず、18 Kの白K金の表盤に太陽の紋を彫って、それから多層半透明のエナメルを覆す。

 
エナメルは、最初に粉末状にして、その生地、構成、色をよく選んで、焼制後に均一な外観と満足させる効果を確保しなければならない。焼制時には、温度のコントロールは全体の過程に影響します。表盤には、浮動式ドッカのフレームを見ることができる大型窓が設けられているため、その過程はより細かく複雑になった。冷却した後、エナメル層の透け、ひねり彫刻紋の生地と青の繊細さが、素材と明るさの完璧な組み合わせとなる。