百ダブリーの新しい珍工芸シリー

「表王」と呼ばれるスイスのトップクラスの時計ブランド百ダブリーが、4月19日から21日まで、ジュネーヴのサロンに出品されたブランドの2018年の珍奇工芸シリーズの計50件で、示唆を受けた芸術的な円天井の鐘、懐中表、腕時計はすべて唯一の作品となっている。限定モデル。3日の展覧会は一般大衆が無料で入場することを歓迎します。

 
今回展示されている希少工芸シリーズは、腕時計の装飾芸術の中で最も古い精工彫刻を含む。大明火エナメル(GrランドFeu)作品は様々なエナメル技術を駆使して、繊細な金糸の切れ端を透けたエナメル、金箔彫刻のエナメル(pailoner)、白黒と浅薄な灰色が豊富に図られている灰調エナメル、浮彫りエナメル(Fax)、ゴンガーエナメル(Lunwy)、微絵エナメルなど、古いジュネーヴの伝統工芸である。今回も相当数枚の細木の象眼時計が展示されており、これも百達津麗は近年広まってきた工芸である。多くの珍しい作品が多くの複雑な技術を集めている。