細部豊かなアークドロ花鳥の三問表

ブランドは「高級製表業が一歩進んだ」という。アークドロは2年の時間を使ってこの新しい時計を開発し、腕時計の製作はすべて自主的に完成した。

 
この時計の表盤の細部は極めて豊富で、底の背景は真珠の母で作られていて、像と上色は手作りで完成します。

 
報告書を起動した後、一連の面白いことが発生しました。背景の滝は流れてきたようです。卵の殻が裂けて、一匹の雛が出てきました。

 
表殻の直径47ミリ、高さ18.4ミリ、合計で16元で、その中の8元は18 K金で、他の8枚はピット版である。