カルティエ尊貴の孔雀

孔雀は「百鳥の王」と見なされ、古代の東方も西洋も非常に貴いシンボルである。東方の伝説では、孔雀は百鳥の長鳳凰が交合した息を得て育生したもので、大鵬と同じ母に生まれ、仏の祖として大明王菩薩に封じられた。西洋の神話では、孔雀は後にカクラの聖鳥であり、ヘラがローマ神話でジュノと呼ばれるため、孔雀は「ジュノの鳥」と呼ばれていた。カルティエのデザインは孔雀をインスピレーションとし、腕時計のデザインに独創的だった。

 
Les Indamptabes de Cartierシリーズ。これは1枚の動物の造形腕時計、1枚の景観の図表の時計で、1枚のブローチで……カルティエはすべての精緻な芸を傾けて、やっと1枚の腕時計が三つの境界を与えると思って、時計の人にとって、このような工芸品は収蔵する価値がある。

 
カルティエHPI 00611孔雀は、真珠の雌貝、18 Kの白K金彫刻を採用し、エナメルの表盤に華やかな孔雀を迎え、ピンク色のブルーのサファイアをはめ込み、縁起のよい、美しい、華貴なシンボルである。開板の孔雀は美しく、それが照れくさいクジャクは、スクリーンを開いていないとしても、美しさを尽くしていても、ジロジウムの18 K白K金孔雀を飾って、211粒の明るいカット円のドリルを象って、華やかな美しさを見せた。明るいカットダイヤモンドをはめ込んだブローチにして、宝石と軟玉が作った美しい花の花になっています。

 
花は装飾品として、その形態や段階感もデザイナーの筆の下に輝いています。18K白K金彫刻のエナメル花、色っぽくて妖艶ではありません、緑の葉を組み合わせて、色が滴ります。腕時計の大部分の装飾は3分の2の偏右空間を占めていて、左上は針と針の一席の地で、剣の形のメッキの精鋼の針は全体の色調と調和しています。この時計は時計の道具だけではなく、美しい観賞品であり、特別な観賞価値を持っている。