エレキロロの腕間の薄雅な松のツル

この作品は、自然に取材した美しい腕時計で、丹頭鶴は植物に富んだ水辺の浅水で餌を探し、食事の時間を20分ほど保持しています。採食は常に口と頭を水の中に浸り、ゆっくりと歩きながら、周りを見上げることができません。頂上はこんな光景だった。優雅な時計と針の針は、表盤の上にある円形の中に位置し、古代ローマの目印時間を採用し、復古的な美しさを持っています。

 
アークドロは中国と深い深い縁を持っています。中国の要素もブランドデザインの中で重要な地位を占めています。アークドロイの山の林の間でぶらぶら歩いている丹屋根の鶴と松の木を青の図にして、象牙の色の大明火のエナメルの表の上で筆を打って、百年のエナメルの絵の技術を加えて、2匹の生き生きとした丹頭鶴を表盤の上に躍然としている。地はちょうど良いことで、頭上の新鮮な赤色、喉と首の黒、耳は頭の枕の白色、足は黒色、立っている時の首、尾部の飛羽と足の黒、頭上の赤色、残りはすべて白色です。それらは高らかな歌を口にしたり、渓水を飲んだり、気高い姿が上品で、力のある松の木と交わり、「松葉延年」を詠んだりしています。

 

http://www.watchrecommendation.top/