古典的カジュアル装と名士モデル

生活の中でほとんどの男性はレジャーの範疇に属しているべきで、着ているのは比較的勝手ですが、勝手に着るのは簡単ではありません。コーディネートには、品位があると思われますが、あまりにも乱れているという感じがします。カジュアルな男たちの扮装もあまりにも意図しないでください、とてもきれいでいいです。普通の上着はあまりにもタイトで、あなたが骨の美しさを持っていない限り、さもなくばきれいに影響します。上着の組み合わせに対して、コートと内装は内の浅い外の深い原則に従うことができて、中の1枚の白い体勢のようで、外は1枚の黒色のカジュアルな上着で、このように比較的にレベルの感があって、またあまり派手ではありません。男性のカジュアルパンツはズボンのタイプを重視するということで、普通の場合はズボン、直筒、錐形、しわなど、欧米版のパンツ型はほとんどの男性に適していて、足が伸びていて、太った体型になっていても体をよく着ています。カジュアルな格好で他のアクセサリーは必要ないという人もいますが、実はあなたが間違っていて、男と女のように、何を着るにも適切な修飾が必要で、この名士のモデルは簡単に勝手な服装に適しています。

 
この名士クリントンシリーズのデザインのインスピレーションは「黄金五十年代」の経典を表し、製表師は各設計の詳細について細かく彫って、ブランドの得意なバランス感覚を見せて、純粋なスタイルと陽剛の気を完璧に融合させる。腕時計は43ミリの精製鋼の表殻を配用して、適中の表殻サイズは完璧なデザインの割合を組み合わせて、簡素化、気性は安定しています。銀色の太陽の麺は、表盤に青色の針を配置し、表盤には一般的な3つの小さな表盤が設けられ、3つの表盤がそれぞれ6、9、10時に列席している。腕時計には丈夫で耐久性のある自動機械コア(RA 7750)を搭載し、動力は42時間、1時間に28 , 800回振動する。