表界のモナリザ:シノキ表三金橋陀飛輪T

41ミリのバラの金の表殻の寸法の割合はちょうどよいことに比例して、快適に貼ることができて、3本の矢印の金橋は先に人を獲得して、人手は少し悪いことを許さないで、少数の製表匠だけが制御することができて、中で苦労して心血を費やすことができます。

 
シッカの時計の3金の橋の飛輪の時計の腕時計、バラの金の表殻、直径の41ミリ、厚さは11.1ミリ、アーチ形の目眩水晶のガラスの時計の鏡、防水の深さは30メートル、時、分、小さい秒の針はドッパの枠に組み立てて(ドッパの1分は自分で回転して、下のフレームは人手が磨かれてと放光します)、自動的に機械のコアを鍛えて、プラチナは微かであるローダは、発条箱の下に組み立て、GPシケ表の特許技術、動力備蓄48時間または以上、変数の慣性風輪(直径8.35ミリ)、組み立金の微調なねじを組み立て、背中に水晶のガラス片をはめて、独立番号を刻んでいる。

 
12ミリの直径のフレーム内にはめ込まれたドッカは、72の部品から構成され、すべての部品が緻密に修飾され、上下のフレームやユニバーサル・クリップは、人手の逆さや放光を経て、小型のネジを組み立て、周波数を並べるのは正確ではない。目眩水晶ガラスの時計鏡の下で、3本のバラの金橋の板挟みとプラチナの色の色は対照的で、そのため新作は新しい時代の感と強烈な個性を加えて、バラの金の時間と針をこすって、同様に風格を超えています。この新作は全世界の限定で18匹、表の輪、リング、および時計の耳を合わせて88本の長方のダイヤモンドをはめて、円潤な表殻の線と対比を形成して、華貴は非凡で、時間の分秒がないことを象徴します。