積み荷の超チャーターの伝統的な大師の一連のコメント

この1つの積家の超卓上経典のシリーズは、2013年に記録された時計金として、積み上げ180周年のボール陀三で、前のボールの1球陀2はすでに業界の中で騒動を引き起こして、ボールは1は平面遊線、ボール陀の2は桶の遊糸で、ボールはボールの上でボール陀1に比べて1歩古い方向へ歩きました。3は球形の糸を使って、この遊線はただ17世紀の時に現れたことがあって、この遊線をとってもやはりツルドレーの同心性を維持するためです。同様に実行精度を増やす。

 
腕時計シリーズ:超卓上経典マスター
ココアタイプ:手動機械
生地の材質:950プラチナ
ベルト素材:ワニの皮
表殻直径:43.5ミリ