登峰造極の作ChrisTOSTaret X – TREM – 1

腕時計の技術創挙は、X – TREM – 1の「浮遊」円球表示システムではない。全体の時計構造と表面加工は、Christparetの極端な厳しい要求にもマッチしています。超軽量チタンの金属は人体の工学に合って、また体積を縮めることができて、そのためブランドになってcurvoe立体機板と板橋の不二材を作ることを選択します。このように複雑で精密な機軸が世界初となるのは、ブランドはチタンの金属を素材にして、機軸を作るのは難しい。生地の材質はチタン金属、バラ金またはプラチナ金で、それぞれ8枚限定で発行されています。フロンダは、抗衝突性能を増加させるセラミックベアリングを搭載しており、その傾斜角度は30度で、装着者には内面構造をより明確に見ることができる。この手動の上弦腕時計の動力は2本の発条箱から来ます。構造的に言えば、2本の発条箱は欠かせない。それはエネルギーを消費するために十分なエネルギーを提供することができても、ドッカの運転にも影響しない。

 
第1の発条箱はドッカの動作に使用され、2番目は時に表示される。時間歯車組(最初のセットボックス)は、ドッカの車輪によって調節されます。表示装置の歯車組は、特別な捕り装置によって制御され、その時のデータの出所は時間歯車組である。この装置は、縦とフォークを含んで、25秒ごとに装置の歯車グループを表示したユニバーサル・ギアの1つの歯車が含まれています。クロワイドとフォークは、時間の歯車グループに結び付くようになる。1つのギアセットの発条箱の動力の貯蔵によって使用される場合、縦横装置は近隣の歯車の動作を中断する。この設計概念に重要な機能があります:エネルギー分布にとって、ドッグのギアグループと表示装置の歯車組は互いに独立して、双方の相互干渉を避けることができます。腕時計はこの設計によって動力の貯蔵を十分に使って、腕時計の理想の精度を保障します。

 
しかし腕時計の開発はこれまでではない。Christparetの工場内では、すべての革新技術は検査と承認を経なければならない。その理由に基づいて、各製表師が組み立て、腕時計の技術と美学の品質を保障する。最後に、腕時計は信頼性の確認を経て仕事坊内部の一連の厳格な検出を経て、これらの検査によって、その精度を保証する証明書を得ることができる。