華奢なスポーツ風:ダブリーリーAcanaut

ファッションスタイルに満ちたAuanotシリーズは、2005年までに女性表ApanaoLuesシリーズを発売しており、男表とは違うところが新鮮なスタイルで、色も素材も多様化している。女性がおしゃれな格好をしていることを考えると、本来のセンスの中にも、大胆な前衛が入っているので、真っ白で謎の黒、海の青、チョコレート、ブラウンと魅力の紫などが続々と色づいています。そして、さまざまな変化に合わせて、ポッツリさんにもお気に入りのアクセサリー、ジュエリーアクセサリーが登場します。今回開箱したRF . 50 699 G – 011は純白版で、しかも全表で474個のダイヤモンドを象眼して、時計から時計にかけてダイヤの光が輝いていて、本当にきらきらしているように見える。

 

 
デザインはシンプルで気前のよい表盤が黒のアラビア数字で棒状の針を組み合わせて、下の白い表盤は浮彫り格紋で飾ります。ダブリーはプロの製表者であり、表側に転がっていると、ダイヤの組立も精進していて、表殻や時計側のダイヤモンドはきれいにしているだけでなく、角度配列がダイヤモンドの輝きを気にしていて、レジャーを強調した腕時計にもジュエリー時計の豪華な勢いが漂っている。サイドからの鑑賞については、ディテールが細部に対する重視を見ることができ、表冠にしてもダイヤモンドを象眼して、約0.14クレラを重されます。