Cartier RoondeのCartier樹カンダマは腕時計を飾ります:わらの象眼

わらは人類の歴史と深い縁を持っている天然材料で、古は稲、小麦などの植物科の植物が熟成した後に残った茎の部分である。人類の工業化の前に、農民はわらの利用に対して五花八門を使って、薪に使うだけではなくて、また仕事をして点、ベッドマット、ほうきなどの家の用品を編むことができて、さらに屋根を作るために使用します。表盤工芸師たちはまず靭性と光沢によって様々な種類のわらを選び出して、骨の制圧棒で平らにし、細木の彫刻で切り裂いて、それから異なるサイズのつづり材を作ります。最後にこれらの異なるサイズと色のわらのわらをしっかり並べて、コアラの図案になります。

 
わらを使うのが材料の最大の特徴として、わらの天然の金色の光沢を利用して、豊かな図案の生き生きとした効果があります。このような独特な光沢は、すべての保護措置や上釉を加える必要がなく、常に自然な状態を維持することができる。この表は女性の愛表者の人気を得ることができます。それ自体が愛しい動物であり、身につけた腕の上で、お客様の気質に新鮮さと可愛らしさを増します。

 
この腕時計35 mmのプラチナの表殻は、女性の手首の帯が非常に適しており、表の輪には43個の丸いドリルが入っていて、素朴な木カンダマの表盤を引き立てていると、かえって低調の気質がある。表冠の珠輪のピップのデザインは、最も華やかな細部です。動力の面では、Cartierの自宅の976 MCのコア、46時間の動力記憶を搭載している。8000 MCとは違って、この機軸が完全にCartierのLa Chax -ド-デ- Fonerの仕事坊によって手を組み立てるのは、限定的なハイエンド表のシリーズの使用に限り、46時間の動力記憶、30メートル防水。数量限定で20枚を発行していますが、この腕時計はおしゃれで可愛いので、コアラが好きならぜひ一枚探してください。