超覇シリーズMARK II腕時計を鑑賞する

この腕時計の登場は、オメガが月表を超えた経典の殻に対して初めて設計を再開し、オメガの製品線に導入された第2世代のオメガの超制腕時計を意味している。この腕時計は1969年に誕生し、「Mark II」と命名され、超制覇シリーズのマニュアル腕時計である第2世代の製品であることが明らかになった。“Mark II”シリーズの腕時計は異なる組み合わせを提供しています(精鋼の表殻に黒の表殻を配合して、精鋼の表殻に灰色とオレンジの“レース”と“レース”の表盤、めっきの表殻と金めっきの表盤を配合して、および極めて少量の18 Kの黄金表の金を搭載して、861手動のチェーンの芯を搭載して、動力は52時間貯蔵します。

 
砂や放光を経て磨かれた精鋼の殻は、酒樽形になり、ライ光表冠とカウントダウンボタンが付いています。カレンダー調整器は、表殻の10時位置に位置しています。表盤の上に3つの小さい表盤が付いています:3時の位置の30分は小さい表盤、6時位置の12時間のカウントダウンと小秒盤をカウントします。平らな形の耐摩耗ブルーの宝石の時計は、表盤のために有効な保護を提供します。透明な測定速度は、青色の宝石の表鏡の内側に刻印され、下のアルミの輪は夜光に覆われており、暗光環境の中で夜の光が透明度を通して表示され、特に目立つ。黒と白の時計、分針、中央のカウントダウンの針と同様に、スーパー- Lamichva夜光コーティングをカバーします。

 
超覇Mark II腕時計の「桶形」の殻は、「パイロット」とも言われており、オメガの当時の機密項目を設計したもので、月の表面で長期間の活動を行う際に使用されるアップグレード版を開発した。このような挑戦的な研究開発プロジェクトは十数年を経て、「アラスカ」に代号して、より堅固な表殻と全体的な時計耳によって表冠とボタンの保護を強化することを目指しています。その後、プロジェクトの開発方向は調整を経て、一部最初の構想は「パイロット」の殻の誕生を促し、その後、オメガはこの表殻を商業化し、超覇シリーズ「Mark II」とパイロットの腕時計に応用した。