林間浮世絵ショパンL . U . C . XPシリーズジャングル腕時計

表盤は日本の国宝級漆芸(Uruシ)大師の増村紀一郎専任はショパンのために作られた唯一の“漆器の浮世絵”で、表殻は尊い18 Kのバラの金で、これらを積載するのは、またショパンの旗の下で自家製のハイエンド機械の機軸の達成のL . U . Cの超薄い腕時計で、東西の2つのトップレベルの技術の融合は、注目されているのは、依然として環境保護のテーマです。テーブルの上には、童話の色を帯びたライオン、サル、熊、そしてそのような多くの植物、草花などを持っています。これはまさに表金の名称であるJungleの「ジャングル」が望んでいるもので、生物の多様化を保つ約束である。