Baselワーワールド母会社MCHグループ最高経営責任者Ren coamm辞職

これまで7月29日には、2019年3月のバーゼル国際時計ジュエリー展には参加することはないと発表した。このグループはバーゼルの国際時計の宝石展の最大の出展者で、旗の下では合わせて18のブランドの出展があります。

 
決定が発表された時、スワキグループのナイキ・ハイエークはバーゼル国際時計ジュエリー展の管理層に対して激しい批判を発表し、傲慢、勢力利、出展者への関心が無関心であることを非難し、変革をボイコットした。

 
2016年から2018年にかけて、バーゼルの国際時計ジュエリー展は850の出展者を失い、取締役総経理のSylvyRiterと販売総監のマーティンFergissonの職務を免除したが、SyLVERiterは直接Ren coammに報告する。

 
あるニュースの中で、MCHグループは、監事会とRenのKammとの共通認識について、「MCHグループの運営管理層は時に変更された」と共通認識を達成した。1999年にMCHグループに参加し、バーゼル国際時計ジュエリー展の担当者を務め、2003年にMCHグループの首席執行官となった。

 
「MCHグループは、バーゼルの国際時計ジュエリー展の継続的な開催に疑問を持つことはないが、重要な出展者の脱退は、MCHグループの業績に疑問符を打つことになる」との決定を示した。同グループは「2019年の業績への影響はまだ計り知れない」としている。

 
MCHグループは、RenのKammの後継者を宣言していないが、主席のUlrich Vischerは、リーダーとして、新しい首席の執行官を任命した。