「ディor Christal」シリーズブルージュエルの腕時計

ディオール系の耐久性を完璧に見せるためには、Les Atelier Horoner Sor工房では、ディor Christal腕時計にブルー宝石水晶を使って新たな演出を行うことが決定し、このような常用表鏡材料を装飾的な要素に変える:おしゃれなテーラースタイルを採用して、品牌のマーク的な色で、このシリーズを完璧に飾ることが決定した。腕時計のバンドと表輪。

 
Cor Christalシリーズは2005年に発売され、クリスティン・ディオールによる天賦の礼賛である。往年の限定版のディor Christal腕時計は常に精密機のコアを搭載しており、ディオールさんの芸術的発想とは趣がある。2008年に発売されたディーバーChristal Terbilonペン時計は透明なスタイルを採用しており、直接レースのような機軸の精密構造を見ることができる。2009年に発売されたディーバーChristal mistal腕時計は外から見たことがないようですが、これは機軸が表輪の下に隠れていて、真珠の雌貝とめっき面の水晶をはめ込んで、針を回す時に、表盤は1つの万花鏡のようです。2010年には、初めての針で地元の時間、8つの国際都市の時間と夜の指示の針を読むことができる。ディオールさんが芸術ギャラリー総監を務める歳月を、ディオールさんが芸術ギャラリーの総監にしていることを思い浮かべた。