シリーズエナメルリスト-ジョージ・シュラ「大皿島の日曜午後」

精美絶徳の装飾を腕時計の正面に展示するために、積家のナソソ紋工芸師は100年の歴史を持つ古い旋盤を駆使して、旋盤を操作するには非常に精密で複雑な技術を身につけなければならない。表盤のひねり飾りは小さなひし形の図柄で構成され、深緑の半透明エナメルの下に感嘆する立体感が現れる。その色合いと、裏面の裏のエナメルの絵を完璧に描くために、職人は数時間で研究を行う必要がある。

 
表盤の正面を工芸の傑作とすれば、表盤の裏面に隠されたエナメルマイクロ絵が、芸術的なものといえる。
1884年から1886年までの「大皿島の日曜日の午後」(A Sunday Afetson the Island of La Grans Jator)は、有名な画家のジョージ・シュラ(185 – 1899年)の手で、この美しい絵は点彩画派の手本と言える。シュラはフランスの新印象画派の画家で、19世紀の絵壇で一枝の秀才だった。油絵として、高さ2メートル、幅3メートル、彼は2年をかけて、前後60枚以上の草絵を描いたところ、先書きを終えた。パリ近郊のセナ・マエンツのほとりの美しい風景を描いた絵は、パリの住民が大自然と遊びを楽しむ絶好の地である。点カラー画は、伝統的な色の塗り方を捨てて、わずかに異なる色の色を並べて画面を構成し、観賞者の目によって自然にこれらの色を「ミックス」します。