シリーズのエナメル腕を回転します——インスピレーションは徐悲鴻の絵に由来します

積家大工坊は、この作品によって中国の水墨画の独特な神韻と勢いを明らかにしたいと思っています。

 
腕時計の表盤には、長い線で構成された幾何学柄のソソ紋があり、精巧でシックで、また乳白の光沢のある象牙のエナメルで覆われていて、エベア貝のような柔らかい効果を示しています。

 
徐悲鴻(1899 – 1953年)は20世紀の中国の有名な画家で、彼は中国画、油絵、スケッチ、ピンク画、書道を得意として知られている。中国では、彼の駿馬絵が人気を集めている。原作の「春山十駿図」は、5メートル以上の絵巻で、中国の山水風景の中で10匹の姿を描いた駿馬の姿が生き生きとしている。エナメル師はこの絵の中の2匹の馬の中からインスピレーションを汲み取り、この腕時計のエナメル微絵をデザインした。

 
この腕時計の制作過程にも多くの挑戦がある。どのように複数のエナメル保護層の下でタッチの方向を再現するか、そして水墨の流暢さと軽感、同時に原作の神韻と気勢を保持することは、大きな挑戦となる。そのため、技術者は多くの時間の研究を経て、馬の活力と躍動感を示すような筆致を見つけました。もう一つの挑戦は、駿馬の微細な細部を描くために、たらい毛など。気になるのは、派手な色彩で作ったエナメル師にとって、黒、白でモノクロのエナメル微絵作品を駆使して、最大の挑戦といえる。