ディフェンクラシックシリーズ玄妙月相ジュエリー時計

DeWittディフェンは芸術工芸に敬意を表して、経典のシリーズの宝石の時計は宇宙の星からインスピレーションを汲み取る非凡な表盤の表盤を搭載していかなる塗料を使用していません。ダイヤモンド、プラチナ、金、真珠、青金石、または他の宝石の粉末、繊細な微細さ、光が四方に放つ独特の表盤。DeWitt表工場は、日本の春をインスピレーションとした最初の2つの表盤を発売した後、クラシックシリーズのジュエリーの演技を選んで、魅力的な月相奇景を選んだ。

 
簡素な線は優雅で優雅な帝王柱を組み合わせて、18 Kバラの金の表殻は更に表盤の精緻な美しさを際立たせます。計60個のダイヤモンドを飾り、宝石の粉末で作った星月の飾り柄がさらに輝いている。新しいクラシックシリーズ「玄妙月相」の腕時計は自然の息吹と濃い詩意に満ちており、DeWittの時計工場が2016年に発売される女装腕時計シリーズの耀世の作である。