時を追って,風雲の地位を定める。

ブルガリは映画とのつながりが深く、多くの映画史の風雲を見てきました。ブルガリは映画史に独自の風雲色を作り出しました。早くも20世紀の50年代に、ローマの美学理念と恣意的で楽しい文化背景はブルガリのブランド遺伝子を形作りました。その時、イタリアの映画工業も栄えて、輝く“甘い生活”の時代を開けました。有名なローマ映画城のCinnecittはその時盛んに発展して、そして“テヴェレ川の上のハリウッド”の美称を冠します。

 
以来、ブルガリは映画や映画界の巨星と奇妙な共鳴を続けてきた。1956年、ブルガリは「イタリア映画アカデミー賞」のメダル制作を開始しました。ソフィア・ローランド、オードリー・ヘップバーン、ジナ・ロブレジーダ、アンニタ・エクバーグなどの映画界史上の風雲女優はブルガリのジュエリーと輝き合い、スクリーンの内外に恣意的で気ままな光影伝奇とイタリア的な風情を残しました。

 
ブルガリは东西方の映画制作芸术の盛んな発展に力を尽くして支持を提供しています。その中にベルリン映画祭、カンナ映画祭、ベニス双年展、及び上海国际映画祭が含まれています。中国唯一の国際映画プロデューサー協会の認定を獲得した非専門的な競争型映画祭として、上海国際映画祭は中国語の映画文化の伝承を推進するために力を尽くして二十年以上経ちました。上海国際映画祭の公式パートナーとして、ブルガリは「イタリアアカデミー賞」の伝統を受け継ぎ、上海国際映画祭の金爵賞にノミネートされ、優秀な映画関係者を称賛しています。