恒久流麗、百達翡翠麗Ref.3200 G万年暦

Patek Phiilippe百達翡翠Ref.3200 Gの新型万年暦リストは28、30、31日の月を自動的に指摘し、4年ごとに2/29日が閏日であることを認識します。腕時計のデザインは永久に流麗で、古今の未来を一目で知ることができます。

 
Ref.5300 Gの万年暦の腕時計は以前と同じように、コレクターに求められていた貴重品です。腕時計は、1941年から百達飛麗万年暦の時計の表面の古典的なデザインを続けています。週と月の二重表示窓は十二時の位置にあり、六時位置には付属の表示盤があり、針で日付と月相を示しています。新しい腕時計の薄い黄色の表面は7時から8時までの位置に円形の日/夜の小型の表示窓があり、4時から5時までの位置に円形のうるう年の表示窓をつけて、アラビア数字の1から4でうるう年の周期を展示します。表面には金のアラビア数字と夜光の先端の針(1950年代のRef.463を連想させるクロノグラフ)があり、大三針の形が細長いので、秒数がはっきりしていて、時計が読みやすいようになります。腕時計の表面は洗練されていて優雅で、その下の機械の芯は精密で複雑です。

 
324 S Q自動的にチェーンムーブメントに新プランを追加し、万年暦の表向きの方には4つの表示窓が用意されています。日曜日、月、閏年と日夜周期があります。月相は正確に示しています。122年ごとに一日校正しなければなりません。ムーブメントは現代のレトロな風格の時計の殻の中に隠れています。三階の時計の耳のデザインは1950年代のRef.245伝奇腕時計からインスピレーションを受けました。表側の細長いラインを保つために、腕時計は箱型の宝石ガラスの鏡面を選択して使用して、そして時計の輪と重畳します。シャーシの底板の面には現代の宝石ガラスのケースの底カバーを付け、デューティムーブメントの美しい状態:板橋を挟んで削り角を通じて、エッジは細かく磨きました。表面はジュネーヴのストライプの装飾と黄金の彫刻を施しています。Gyromax®サイクリングはSpiromax®遊糸を使っています。後者はSilinvar®材料で作られます。K金自動盤はボールベアリングの間に懸濁されています。自動盤の速度の正確さは抜群です。毎日の誤差は-3から+2秒の許容範囲の間にあります。