ティソ俊雅シリーズ双時区表2019おすすめ

ティソは国内で最も知名度の高い親民腕時計ブランドで、比較的受け入れやすい価格で、多くの人が比較的に買えます。二千三千元で入門できるティソの時計は豊富な選択を持っています。しかし、ティソの最近のモデルを見てみると、機械の芯を持つタイムゾーンはテーブルが少なく、唯一印象的なのは2013年にティソが発売した160周年記念の世界時計です。それ以外はほとんど見られませんでした。デュアルタイムゾーンの表はほとんど石英ムーブメントです。もちろん、クォーツムーブメントの良さは自明で、正確さと低故障率はどういってもいいです。

 
スイス製のクォーツムーブメントを使って、腕時計の10時の位置に24時間の目盛りの副盤があります。故郷の時間を示しています。文字盤の中心は現地時間を示しています。腕時計の公価は3550元です。ここで説明したいのは、ツインタイムゾーンの腕時計は第一タイムゾーンと第二タイムゾーンが存在しないという説が誤解されやすいため、英語ではいずれもLocal TimeとHome Timeで指示されており、現地時間(一般的には文字盤で最も目立つ時針で示す)と故郷の時間を表していることが分かりやすい。また、すべての24時間の指示があるのはGMT腕時計ではありません。特にローエンドの石英時計はマニュアルで調節できるかどうかを確認します。