和風スイス芯——シチズンCampanolaシリーズ機械計時大カレンダー

シチズンといえば、彼らの家のクオーツモデル(特に光エネルギーシリーズ)を思い出す人が多いかもしれません。主に主流の消費者に対して、純粋なファン向けではなく、主流の消費者向けです。ですから、もともと精良で口コミも比較的良いシリーズにLa Joux-Paerretのムーブメントメーカーを導入して、より高い知名度を獲得しました。また、メカニカルウオッチ愛好家の愛顧も得られました。これは間違いなくウィンウィンのことです。西鉄城Campanolaシリーズのクロノグラフは2点を証明しました。一、西鉄城も高品質の部品を生産できます。

 
今はCampanolaシリーズの機械時計自体に戻ります。背面のケースを見て、上に刻まれている「Swiss movement asemble in Japan(スイスのムーブメント日本製)」という言葉は、本当に深い誇りを表しています。西鉄城管はLa Joux-Paerretのムーブメントと言います。私達はY 150と呼びます。このCal.Y 150型の自動上鎖ムーブメントは12時間の時間計測とカレンダー表示の機能を持ち、振動周波数は4 Hzで、42時間の動力備蓄ができ、精度は-5/+10秒/日です。ケースのサイズは44 mm、厚さは17 mmで、防水の深さは30メートルで、精致で、しっかりしています。

 
シチズンCampanolaシリーズの機械時計は二つのタイプがあります。一つはホワイト、あるいはクリーム色の盤面で、外側はアラビア数字で、使っているのは青い針で、文字盤と鮮明な対比を形成しています。同時に茶色のワニの皮のバンドがあります。もう一つは黒い盤面のローマ数字の時の標準で、組み合わせは精密鋼の時計チェーンです。西鉄城は文字盤のデザインインスピレーションを表しています。「和紙」と「枯山水」、そして時間の本質に関するもの…うん、できるだけ力を入れないで、盤の表面を観察してみてください。初期のCampanolaシリーズの時計に比べて、新モデルは透かしの針の上でいくつかの改良をして、その頂部に夜光の材質を使って、時の標識のところも同じかもしれませんが、図から見るとよく判断できません。