妹指数MAXの楊洋さんも腕時計で助走します。

ドラマ版『にっこり笑っていいとも』では、中学校の覇級の花と大神級の校草の間のラブストーリーが原作を読んだ人たちの胸をときめかせたことがある。主人公の肖奈とヒロインのベコはゲームの縁で、オンラインの「夫婦」からオフラインのカップルに発展し、「恋人がいて“遊び”が家族になる」という生々しい姿を見せている。楊洋は肖奈を演じて、才色兼備の大神級の人物で、更に妹をからかう指数の10星。

 
これらの経典の橋の段が一つも落ちないだけではなくて、大神級の人物として、細い点の上で工夫を凝らして、劇の中で楊洋はまた1項のティソのTISSOT T-TOUCH EXPERT SOLAR腕時計を身につけて、赤いゴムの動感は十分で、万元未満の価格も十分に劇中の身分に合います。

 
ティソは1999年にタッチパネルの腕時計を創立しました。太陽光パネルの腕時計を発売するのは初めてです。文字盤に照射された光は腕時計に充電できます。日常の機能を提供します。劇中ではプライベートだけでなく、楊洋も“いとこ”です。ファッション的なベルト正装表や人気のスチールチェーン腕時計を着用しています。『花と少年』ではヤンヤンの人懐っこい性格が、少し照れていても姉たちに愛されています。

 
楊洋さんが選んだ腕時計は簡潔で多彩なタイプで、レーダーの真薄シリーズで、陶磁器の材質は軽薄で耐摩耗性があり、旅行に出かける時に最適です。その他に、若い新鮮な肉として、スポーツモデルも楊洋の気に入ったデザインです。彼はタイ格豪雅Tag Heuer Aqua racer 500 mシリーズの腕時計を身につけていました。

 

http://www.watchrecommendation.top/