Quai de l’le、歴史的なファッションデザイン

Quai de l’leシリーズは現代の雰囲気に富んだデザインで、独特の気質と尊貴なジュネーヴの印が伝統的な表工芸のために画期的な美学演繹を行った。このシリーズの名前は江詩丹トン本店の住所から由来しています。ジュネーヴの卓越した表工芸の象徴であり、19世紀に有名なロフトの職人たちの発祥地でもあります。更に優れた手芸の中心でもあります。ジュネーヴの中心に位置しています。ローヌ川の両岸の交差点をにぎやかな都市の中心に変えました。江詩丹トンの革新精神を継続するために、Quai de l’uシリーズはブランド260年余りの途切れることのない歴史に解釈された卓越した技術と美学伝承を生き生きと反映しています。

 
堅牢で快適でしなやかな鋼材を駆使したシリーズが注目されています。研磨とサテン研磨の装飾技術を採用し、直径41ミリの表殻は三種の江詩丹トンの古典的な外観デザインを結合しました。この調和の取れた「重ね合わせ」設計は独創的な美学を作り出し、磨きの装飾工芸は光影効果を現れます。理想的な快適さを確保するために、複層式の表耳は透明な底蓋を持つ表殻に少しの動感を加え、江詩丹顿の古典的なデザインを明らかにしており、識別しやすいです。