北京表東方文化シリーズ腕時計は東方美学模範を達成しました。

東洋文化は常に造形物の対称美を追求してきた。昔から今まで、中国の建築、家居、器物、書道、絵画などは全部対称を重視しています。対称の美は、東洋文化が天地万物に対する秩序感を含み、東洋理性精神の具象表現であり、調和に対する人々の追求をも表しています。北京は東方文化シリーズの簡潔な腕時計で、師法の正統な対称美学を融合させ、卓越した表の精髄を融合させ、独特な対称設計、簡約な風格で腕時計のバランスの美しさを表現しています。

 
東洋文化の中で、龍は力と威厳を象徴し、鳳は崇高さと美しさを象徴しています。「龍鳳呈祥」は古い伝統的な吉祥図として、吉祥福瑞祥を寓意しています。幸せはいつまでも続きます。夫婦の間で円満で、琴瑟和鳴の感情の象徴でもあります。人々の美しい憧れを寓しています。北京表はこれを霊感として、手で絞るエナメル職人芸と現代の美学デザインを融合させ、東方文化シリーズ「龍鳳呈祥」エナメル対表を発売し、深い吉瑞の龍鳳文化を腕の芸術にしました。

 
東方文化の中で、ライオンは「瑞獣」と見なされて、勇武、強大と吉祥の化身です。守護神としての存在は、獅子のイメージが宮廷芸術の造形の中によく現れて、無言自威の気概で、尊貴と強大さを明らかに示しています。今回、北京時計は紫禁城の「門海」にある銅獅子の彫刻をデザインのヒントとして、東方文化シリーズ「門海獅」の腕時計を発売しました。