2019鑑賞HermesエルメスArceau L’heure de la lune

エルメスArceauシリーズが発売したこのL’heure de la lune ONLY WATCHは、月という地球を独自の視点で眺めています。北半球と南半球の月の満ち欠けを同時に示しています。

 

 

隕石で作られたリシャールミルスーパーコピー文字盤には、盤面を中心に移動する2つの表示時間を示す副文字盤が、エルメスのオリジナルムーブメントに搭載されたリズムに合わせて、真珠母貝が精製した月相盤が現れます。

 
双月相盤は伝統的なウィンドウズ表示設計を採用しないで、気前よく全体の盤面に表示して、エルメスの機械腕時計に対する自由不羈の解釈理念を明らかに示しています。

 
Henri d’Orignyが1978年に設計したAceauのケースに合わせた非対称の時計耳は、ここでは月のサーカス団となり、隕石で作られた文字盤となり、衛星のように引力で巻かれた漆面の副文字盤は、特徴的な斜体アラビア数字で時間と日付を表示します。