F 1の新鮮な肉のレーサーの帥はHUBLOT腕時計をつけて優勝して更にフェラーリの車隊の伝奇を作ります。

超競走と腕時計ブランドの関係はいつも緊密で不可分で、今年はフェラーリチームの創立90周年であるように、宇舶表(HUBLOT)は記念表を出しました。先日はF 1レーサーのChares Leclercもブランド表を付けてイタリアで分局優勝しました。チームのために顔を稼いでいます。タイガー・豪雅(TAG Heuer)もこのほど、ポルシェと提携することを発表しました。タイムトライアル仲間として、国際自動車連合会の電気方程式選手権に参加します。

 
今世界第4位のF 1の新鮮な肉のレーサーのChares Leclercは先日イタリアのGP順位の試合のMonza駅で勇敢にチャンピオンを勝ち取りました。これはフェラーリチームにとって本当に嬉しいです。今年は90周年ですから。Chares LeclercさんはMonzaコースで驚異的なストレスを見せました。53回の激戦を経て、強敵を次々と撃退しました。また彼は各地のレース場で戴宇舶表を配しています。絶対に「格好いい時計」を演じた人ではないです。彼はモロッコ人として、今年5月にモロッコの新店でブランドの開幕イベントに出席して、宇舶表に対する支持を表明しました。また、フェラーリの仲間であるHUBLOTも今年、Big Bangフェラーリの90周年記念表を発表しました。3種類の限定版があります。さまざまな材質で長年のレース領域の進化の軌跡を象徴しています。

 
早くも七〇年代に、ポルシェのレースを運転していたスイスのレーサージョー・シーベルトとタイガー・ホーヤーが協力し、1969年の世界スポーツカー選手権を獲得しました。九〇年代になってから、タイガーホーミングはポルシェのスーパーカップのスポンサーになりました。今でも多くのポルシェスーパーカップのスポンサーになりました。二つのブランドは引き続き発展して、電動式の新しい戦線に身を投じて、この間もなく開催する第6四半期のために、世界初の街頭電気自動車選手権大会を準備します。