『新表』Lange 1 Tourbillown Perpetual Calender「25 th Anniversary」ドラフト万年暦腕時計

A.Lange&S treeは25周年記念シリーズの最も複雑な作品であるLange 1 Tourbillowon Perpetual Calender「25 th Anniversary」を発売したばかりで、ドラフトと万年暦の2つの複雑な機能を搭載し、Lange 1の古典的なレイアウトを巧みに設計して維持しました。

 
新作は25周年シリーズならではのシルバー/ブルー配色で、プラチナケースの直径42 mmを研磨し、厚みも12.2 mmと非常にコンパクトで複雑な腕時計です。

 
文字盤はLange 1のマーク的な偏心時分針と大きなカレンダーウィンドウレイアウトに続き、最も外周に回転可能な月の目盛りリングを追加し、6時の小さな矢印で現在の月を示し、台形の閏年窓と一体化している。7時は小さい秒針と手作業で月相皿を彫刻します。9時は逆の曜日プレートで、カレンダーのすべての指示を提供します。

 
一方、12時の「Tourbillown」はもう一つの複雑な機能を明らかにしました。腕時計をひっくり返してこそ、裏側に隠れている60秒陀飛輪が見えます。ストップ秒機構のおかげで、冠を抜く時には陀飛輪も止まって、調整の精度を秒にします。

 
Calibree L 08.2.1自動的にチェーンコアを搭載し、フランクミュラーコピー624のコンポーネントから構成され、周波数21600 vph、動力は50時間保存されています。陀飛輪橋板には青色の手作業彫刻模様と数字「25」が飾られています。陀飛輪ベアリングの正面にはダイヤモンドがはめ込まれています。

 
ダークブルーのワニの皮のバンドを合わせて、25枚限定で、官価は32万9200ユーロです。