超複雑な球形の陀飛輪の西敏寺の鐘楽の万年暦の腕時計

これはJaeger-LeCoultreが今年SIHHに発表した最も複雑な腕時計で、球形陀飛輪、万年暦、三問時報の三つの複雑な機能を搭載しています。また、一定の動力装置を備えています。腕時計は1000個以上の部品から構成されています。12個の特許を持っています。

 
新作のケースはプラチナで、直径43 mm。中心をえこひいきする時皿は文字盤の12時に位置して、手で彫刻する時目盛の輪は質感に富んで、3時と9時はそれぞれ月と日曜日の窓です。青い大明の火エナメルの文字盤は同じように手作業で作られ、精巧な放射状の模様が現れ、年の窓は12時に位置しています。これはJaeger-LeCoultreの初の双方向の調教をサポートする万年暦の腕時計です。

 
文字盤の両側には三問時報システムがあります。ロンドンの西敏寺の鐘を鳴らすために、文字盤の一番下に彫られた「ウェストミンスター」が見られます。このシステムは四つの音の発条を備えています。4種類の異なるメロディーを演奏して、それぞれの鐘を表すことができます。

 
6点の球形の陀飛輪は新しい設計を経て、チタン合金で作って、直径は8.8 mmまで縮小して、重さは0.4グラムだけあります。陀飛輪は恒力装置を備えていて、腕時計の正確さを向上させます。

 
自分で生産したJLC 184を搭載して、手動でチェーン芯を作り、周波数2800 vphを振って、動力は52時間準備しています。ムーブメントの部品はすべて手作業で磨きます。サファイアの表を通して、複雑で美しいデザインを鑑賞できます。

 
ブルーワニの皮のバンドを合わせて、18枚限定です。公定価格は80万ユーロです。