City Edition 2018単針腕時計シリーズを鑑賞する:全世界都市限定版

ドイツ時計工場MeisterSingerがシングル腕時計シリーズの新作「City Edition 2018」を発表したばかりで、その名の通り「都市」をテーマにして、58の異なる都市テーマが含まれています。特に、表の底にはそれぞれの都市のランドマークと風景線が印刷されています。

 
精密鋼のケースの直径は43 mmで、防水能力は50メートルです。砂の灰色の文字盤には独特の「単針」のレイアウトがあります。細長い青鋼の針が一枚だけあります。目盛は新たに分けられます。一マスに5分間を表します。その利点は円グラフのように「一日」の流れの進度を直観的に表現することができます。劣勢も明らかです。正確な時間は読みにくいです。6時には同じ読みにくい小さなカレンダーの窓があります。

 
表の中央のガラスの上で都市のランドマークの建物が現れて、周囲は都市の名称とこの時計のタイプの限定販売数量が刻んでいます――5枚から50枚まで待ちません。一部のモデルには、この城の愛称や名言が刻まれています。例えば、シンガポールの「LION CITY」ライオン城です。でも、一番特別なのはポルトガルバージョンのポルトガルギターとフランス音楽の組み合わせです。この国の音楽文化に敬意を表します。

 
ETA 2824-2またはSELLITA 200-1を搭載して改ぞうしたオートチェーンムーブメントは、38時間の動力を蓄えています。

 
レトロな鞍の皮のバンドに合わせて、官価は1750ユーロです。