Patek PhiilippeはMinute Repeat Tourbillown Singappore 2019 Ref.5303 R陀飛輪三問腕時計を発売しました。

9月28日から10月13日まで、Patek Phiilippeはシンガポール金沙劇場で「スーパーコピー時計芸術大展」を開催しています。ブランドはこの「Minute Repeat Tourbillower Singappore 2019 Ref.5303 R」腕時計を特別に発売しました。初めてド飛輪と三問時報機構を全部表の雰囲気に展示しました。

 
バラゴールドのケースの直径は42 mm、厚さは12.13 mmで、このような複雑な機能の大きい腕時計にとっては非常にドレスアップされています。表殻と表耳側に透かした白金彫刻を施し、細部にレイヤー感を加えます。

 
開放式の文字盤はムーブメントの構造を完全に視野に展示しています。10時の音ハンマーと接続された音バネが見えます。透かした柳の葉の形をしている時は分針、6時の陀飛輪と小秒針が見られます。サファイア秒針盤は特殊な紫外線防止コーティングを施しており、直射日光によるドラフト潤滑剤の劣化を避けています。

 
表盤の一番外側に赤い目盛りと白い五角星を組み合わせた時の目印は、シンガポールの国旗です。サファイアの表の底には「PATEK PHILE SINGAPORE 2019」という銘文が刻まれています。

 
カリバーR TO 27 PS手動チェーンムーブメントはカリバーR 27によって改ぞうされ、部分は透かして20個の追加部品が追加されました。ウブロコピー三問時報機構と陀飛輪は全部正面に調整されました。ムーブメント基板にはバラ金がメッキされており、他のラメ研磨部品とは対照的です。動力備蓄は約48時間。

 
黒いワニの皮のバンドを合わせて、12枚限定で、官価は59万スイスフランです。