「死の象徴」主題歌のスケルトン腕時計、マンモスの牙の文字盤

デザインはメキシコの「死の象徴」文化に由来し、1万年前に絶滅したマンモスの牙を使ってガガミラノスーパーコピー文字盤のスカル模様を彫刻し、着用者に「命」の短さと「死」の古さを感じさせる。

 
「Skull Vida」の文字盤を作ったマンモスの象牙はシベリアの凍土層から来て、15000~30000年後、これらのマンモスの象牙は外観が風化しましたが、内部は依然として象牙の質を保っています。現代の象牙の硬さよりも高く、繊細で磁器のような光沢のある模様が彫刻できます。

 
HYTの定番の液体は「曲がっている」というスケルトンの輪郭を表し、黒と透明の2種類の液体を使って、黒と白の境界線が現在の時間です。スカルの左目は回転する秒針で、右目は動力格納指示です。

 
51 mmチタン金属のケースは黒いDLCコーティングによって処理され、手作りの手動チェーンムーブメントを搭載し、周波数2800 vph、動力は65時間保存され、ベルトにもメキシコの亡霊節スタイルの装飾刺繍パターンがあり、ウブロコピー防水は50メートルです。